派遣法改正!同一労働同一賃金で2020年4月から正社員である意味がなくなる?給料が低くなる前にやっておくべき副業への準備について

派遣法改正!同一労働同一賃金で2020年4月から正社員である意味がなくなる?給料が低くなる前にやっておくべき副業への準備について

2020年1月28日 オフ 投稿者: naruo
Pocket
LINEで送る

こんにちは!ナル男です。

久しぶりのブログ更新となりますね。

 

今回は2020年に法改正される派遣法、同一労働同一賃金についての話をしようと思います。

ただ、既にこの同一労働同一賃金については多くのメディアやYouTube・ブログなどで取り上げられている為、ここではこの同一労働同一賃金については説明はざっくりしていこうと思っています。

 

今回のテーマはあくまでこの同一労働同一賃金が始まった時に多くの正社員が減給になる可能性もある訳です。

その時に自分の身を自分で守れるように副業を今のうちから始めておいた方がいいのでは?と言うお話をしていこうと思います。

是非最後までお付き合いください。

 

 

同一労働同一賃金が始まるとどうなるの?

2020年4月から始まる同一労働同一賃金ですが、ざっくり説明すると正社員と非正規社員の待遇を同じにしなさいと言う制度です。

同じ仕事をしているのになぜ正社員と非正規社員で収入に差が生じるのか?と言う事がこれまでに多くの所で裁判になり勝訴する事例も増えて来ている中なで、国も見てみぬふりが出来なくなったのでしょう。

それで今回、この様な政策に打って出てきた訳です。

 

この同一労働同一賃金によってアルバイトや派遣社員と言うのは待遇が良くなる可能性が出て来る訳ですが、一概に待遇が良くなるとも言い切れません。

それは会社側の目線で考えた時、どうしても会社側とすれば経費は押さえたい訳です。

安く雇用できるからこそアルバイトを採用したり派遣を雇用したりしていた訳ですが、それを同一労働同一賃金にすれば、アルバイトや派遣社員を正社員と同じ待遇にしなくてはならない。

 

そうなれば人件費がこれまでより更に増える訳ですから、会社側からすればただただ迷惑な話でしかありません。

当然会社側も負担を極力抑えたい訳ですから、高い方に基準を合わせるのではなく、低い方に基準を合わされたらどうなりますか?

つまり、正社員の待遇がアルバイトや派遣社員と同じ待遇迄下げられたらって事です。

 

当然、そんな事になったら正社員はバカバカしくてやってられないと思います。

ただ、正社員を派遣社員やアルバイトと同じ待遇まで落とすというのは、おそらく退職を招くことになりかねないので、正社員と派遣の間くらいの待遇処置が取られるのではないかと思います。

 

アルバイトや派遣社員は待遇改善によって環境的に恵まれるかもしれませんが、正社員はハッキリ言って正規雇用の意味がなくなりますよね。

今回の同一労働同一賃金によってボーナスの廃止や食事補助の廃止をする企業もあり、少なからず正社員は収入面に影響が出て来ると思います。

 

今回の同一労働同一賃金については大企業が対象で、中小企業などはまだ先の話みたいですが、いずれ全ての企業がそうなるでしょうね。

本格的にこの同一労働同一賃金が始まる前に、自分の身は自分で守れるように準備はしておいた方が自分は今後の為になると思います。

 

 

自分の身を守るために副業が必要になる理由とは?

今回の同一労働同一賃金によって少なからず正社員は減収になる傾向が非常に強いと思います。

これによって転職をする人も出来るでしょうし、減収によって借金をする人も出て来るでしょう。

今の時代、会社が大きければ大きいほど、副業と言うものを禁止している所が多いのではないでしょうか?

 

そう言った理由により、掛け持ちでアルバイトも出来ないサラリーマンも非常に多いと思います。

時間の不規則や会社の就業規則で掛け持ちでアルバイトが出来ず、悩んでいる人が今現在いる中で、今回の同一労働同一賃金が始まれば、更にそう言った人が増える訳です。

今の時代、SNSの普及により個人の価値が高まってきていると思います。

 

その一つがインフルエンサーと呼ばれる存在です。

個人で情報発信する事で影響力や発言力が高まり、そこに人が集まる、そこに価値を感じる企業などが仕事を依頼する訳です。

自分はユーチューバーやネットビジネスをやっている事から、よく色んな人から相談されることが多いですが、その中でいつも言う事は『情報発信をやっておいた方がいいよ』と言います。

 

ネットビジネスをするにしても、YouTubeを始めるにしても、絶対に情報の拡散が必要になってきます。

その際にSNSでの情報発信をしているか、していないかでは大きな差が出てきます。

始めたばかりの頃はどうしても集客力が弱いです。

もし、アナタがFacebookやTwitterなどのSNSで情報発信をしていればそこからのアクセス流入が可能な訳です。

 

事業をされている方などは既にそう言った取り組みをやっているのですが、一個人となるとそう言った情報発信はほとんどやっていなことが多いのではないでしょうか?

いざ副業を始めます!って言っても始めるのが副業だけでなく、情報発信までもが初めてでは成長速度がかなり遅くなってしまいます。

それでも頑張れる人ならいいのですが、多くの人が挫折をすると思います。

 

同一労働同一賃金の様な強制的な政策によって、自分の経済状況が脅かされることが今後もあり得る訳です。

そうなった時に自分の身を自分で守れれば、経済的な不安はなくなると思います。

今回の同一労働同一賃金をきっかけに副業を考える人は少なからず増えてくると思います。

 

これからの時代、副業をするならSNSは絶対に必要不可欠ですし、情報発信は早いうちにやっておいて損はないと思います。

こう言った事に対しスグに行動できる人は副業を始めてもスグに成果が出せるでしょう。

後回しにしている人ほど、まず稼げません。

 

自分自身でお金を稼ぎだすことを身に付ければ、会社と言うものに依存する事はありませんし、経済的な不安からも解消されると思います。

まずは思い立ったら行動!やる前から考えずやった後から考えろ!

まずは最初の1歩が大事になってきます。

 

Pocket
LINEで送る