トヨタ社長の終身雇用終わり発言は現実に?令和で生き残る為に必要な2つのポイントとは?

トヨタ社長の終身雇用終わり発言は現実に?令和で生き残る為に必要な2つのポイントとは?

2019年5月18日 オフ 投稿者: naruo
Pocket
LINEで送る

副業YouTuberナル男です。

 

5月14日に自動車メーカーであるトヨタ自動車の豊田章男社長の『終身雇用を継続するのが厳しい』と言う発言が大きな波紋を呼んでいますね。

自分は豊田社長がこの発言をする前から、その事については感じていましたので驚きはしませんでしたし、正直言って『今更か?』って感じです。

 

自分は起業することを前提に色々と副業をやっているので、そもそも終身雇用なんて頭はハナから持ち合わせておりません。

一生労働者として会社務めをする人にとっては非常に悩ましい問題だとは思いますが、やはりAIの発達により単純作業はすべてオートメーション化されてしまいますから、誰でも出来る様な職業はここ数年から数十年でその職業がなくなる可能性がありますよね。

 

今回はそんな終身雇用がなくなった場合、どうすればいいのかという事を私ナル男の観点からお話していきたいと思います。

是非、最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク

 

 

令和では終身雇用という考えを捨てる事になる?

国内最大手と言われるトヨタでさえ、終身雇用が厳しいと言っています。

となると単純に言ったら中小企業なんかはもっと厳しいという事ですよね。

あのSONYでさえ、副業を認めている位なんですから、人ひとりの生活に必要な金額を会社側は賃金で払えない状況になって来ているという事です。

 

現在では多くの会社で副業を禁止している所がありますが、そもそも副業と言う概念自体が変わりつつあります。

実際に仕事をしながら、掛け持ちでアルバイトをするのが企業が俗に言う副業と定義していると思いますが、実際にブログの広告収入やYouTubeの広告収入の場合はどうですか?

 

動画や記事を投稿しただけでお金が入ってくる訳ですから、放置していてもお金が発生している訳です。

こう言った今までにないお金の稼ぎ方を企業が知らないと言うのもありますし、今までなかった働き方ですから企業もどう対処したらいいのか分からない状況ですよね。

 

自分も現在仕事をしながらUUUM所属のYouTuberとして活動しています。

会社も当然自分がYouTuberをしているのは把握していますが、それについては何も言ってきません。

せいぜい会社の企業情報の漏洩だけ注意するように言われる位で、その他の事は何も言われません。

つまり、会社側もどう対処したらいいのかが分からない状況なのです。

 

今までになかった稼ぎ方ですし、言ってしまえば雇われるのではなく自分自身で稼ぐので労働収入ではなく、事業収益になる訳です。

ですので会社側が副業と定義している様なアルバイトで掛け持ちをすると言った事とは違いますから、今後は副業と言うもの自体、見直される可能性もありますよね。

 

それに自身でお金を稼ぐことが出来るのは広告収入だけに限った事ではありません。

自分は現在、ココナラで動画編集の仕事を承っておりますが、特技をお金に変えやすくなってきている時代でもあります。

実際に多くの方にお気に入り登録していただき、様々なクライアント様からご依頼を頂けるようにもなってきました。

 

これからは起業に頼らず個人で稼ぎだす人と言うのがドンドンと増えてくると思います。

こう言った個人で稼ぎだしている人と言うのは、AIの様な単純作業をしている訳ではありませんから、オートメーション化の心配がありません。

特にクリエイティブの世界に関してはAIによる自動化はハッキリ言って難しい領域です。

 

ですので、自分の様なYouTuberや動画編集の仕事と言うのは需要もありますし、将来的にAIに職業を奪われる心配もない訳です。

令和と言う時代は個人が企業位稼げる時代になってきます。

特にITやYouTubeと言った分野に関しては続々と企業が参入してきています。

 

今の波に乗ってYouTubeを始めるのもいいでしょうし、ITやWEB系の知識やスキルを身に付けて置くこともいいでしょう。

これからの時代の変化についてきて、それに対して対応できる人が令和では稼げる人になるでしょうし、そういった知識やスキルを持ち合わせていないと、単純作業しかやることがありませんから、最終的には仕事をAIに取られる可能性だってあります。

今の自分の仕事が単純作業で将来的に不安を感じるのであれば、今のうちに将来に向けて準備をしておくことをお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

AIに仕事を奪われない為の2つのポイントとは?

令和ではより多くの個人が稼ぎやすくなる時代が来る事が、先程の話でお分かりいただけたと思います。

労働者として働きながら個人でお金を稼げるようになるとある事に気付きます。

それが労働収入と事業収益の違いです。

 

労働と言うのは一般的に言えば時間の切り売りですが、事業と言うのはその仕事に対して対価を支払われる訳です。

つまり得られるお金の金額が全然違うという事なんです。

自分もトラックの運転手をしながら現在副業として動画編集の仕事をしていますが、仕事の受注量によっては副業が本業を超すことさせ可能な訳です。

 

稼げるスキルさえ持っていればそう言った事が可能になってきますし、ドンドンと企業から離れる人も増えて来るようになるのではないでしょうか?

フリーランスで稼げるようになると終身雇用の心配だってありませんし、自分で仕事を取れるようになればお金だって自分で稼ぎだす事だって出来ます。

 

ですので、AIに仕事を奪われない為には単純作業ではない、熟練したスキルを身に付けてそれをインターネットを活用して稼げる人が令和では爆発的に稼いでいくと思います。

一つ目のポイントとしては、稼ぐ為のスキルをいち早く身に付ける事で個人でも稼げるようになるという事です。

 

そしてAIに仕事を奪われたり、終身雇用に悩まなくて済むもう一つの解決方法がインターネットを使ったビジネスモデルです。

世間ではこう言ったものをネットビジネスと呼んでいますが、アフィリエイトや情報商材の様な類ではなく、YouTubeやココナラの様に特技を生かしてお金に変えると言った稼ぎ方です。

 

昔では考えられない事ですが、令和ではそう言った稼ぎ方がより現実的になってきます。

終身雇用と言う一つの会社にずっと居座ると言った考えは言ってしまえば昭和の考え方です。

世代的に言えば2つ前の世代の考え方ですよ。

 

昭和生まれの自分達が明治時代の考え方を提唱しているのと同じ事です。

考えるだけで時代遅れな事をしているというのがお分かりいただけると思います。

起業だけが全てじゃありませんし、当然就職だって素晴らしいことだと思っています。

 

ただ自分は会社の社畜に成り下がりたくないという思いがありますから、起業を考えてるだけで終身雇用と言うものに関して無縁だったのでこう言ったお話をしました。

自分でお金というものを稼ぐと言う経験を積めばこう言った終身雇用と言う悩みも少しは改善され、自分で稼ぐという選択肢も出て来るのではないかと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後にまとめ

今回は終身雇用についてお話してみましたが、起業を考えている自分からすると終身雇用と言うものはあまり興味がないものですね。

ずっと労働者でいる人にとっては切実な問題でありますが、今後副業について色々見直され、働き方が変わってくれば終身雇用事態もあり方が変わってくると思います。

 

自分の意見としては、最終的に終身雇用と言う形がなくなった時に大騒ぎしない為に、自分自身に稼ぐ為のスキルや知識を身に付けておくことが重要だと考えています。

今の段階でも個人が爆発的に稼げる時代である訳ですから、さらなるITの進化によってより稼ぎやすい時代になってくると思います。

その時にその波に乗れる人と乗れない人の差が稼げる・稼げないに出て来ると思います。

 

終身雇用に不安を抱いているのであれば、まずは自分の武器となるスキルや知識を身に付けましょう。

それが後にアナタ自身を助けることに繋がると思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る