YouTubeの収益化解除祭りでスクロール動画は稼げなくなるのか?収益化解除祭りの対策方法とは?

YouTubeの収益化解除祭りでスクロール動画は稼げなくなるのか?収益化解除祭りの対策方法とは?

2019年4月24日 オフ 投稿者: naruo
Pocket
LINEで送る

副業YouTuberナル男です。

 

今回は現在YouTube業界で騒がれているYouTubeの収益化の解除、いわゆる『収益化解除祭り』について解説していこうと思います。

今までYouTubeでは過去にいくつもの規約改定や削除祭りと言った事を行ってきました。

 

その背景には著作権の無断使用や無断転載と言った事を排除する為のものと世間では定義していると思います。

違法アップロードで収益を上げているYouTuberの収益化を止めることにより、健全にやっているYouTuberの収益を守るものとも定義されています。

 

そして今回、YouTubeではある動画を対象にYouTubeの収益を解除すると言った手段をとって来ました。

その対象となったのがスクロール動画やキャプチャー画面を公開して話している動画など、画面に動きがない動画に対しこの様な処置をYouTube側では取ってきたようです。

 

その背景についてこれから詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

スクロール動画の時代は終わった?

なぜ今回YouTube側でスクロール動画などの様な画面に動きがない様な動画を対象に収益化解除と言った処置を取ってきたのでしょうか?

現在YouTubeを使った情報商材が今、世間に広く出回っており【コピペで簡単にYouTubeで月収100万円稼ぐ】と言った情報商材に対し、YouTube側が対処に乗り出した訳です。

 

人の好き嫌いはあるので一概に言えませんが、自分はサムネイルで面白そうだなと思ってクリックしたらスクロール動画だったって言う時はかなりがっかりしますよね。

視聴者の期待を裏切るような動画でもあると言えますし、言ってしまえばスクロール動画は流れている文面に関しては、ほぼどこかのサイトの文章をコピペし、ある程度リライトされたものだという事が判明しています。

 

文面の内容は同じでも文脈が違ければ著作権侵害と言った事になりませんからね。

ですからコピペで簡単に誰でも稼げると言ってしまう訳なんです。

 

YouTube側もそう言った輩に稼がれるのも面白くない訳ですから、当然排除したい訳ですよね。

スクロール動画自体、YouTubeには残りますがお金が稼げないのならチャンネル運営者は動画を上げる意味がありませんよね。

となれば必然的にスクロール動画はなくなりはしませんが、増える事もないでしょう。

 

ただ、今回のこのYouTubeの収益化解除祭りには一つのデメリットもあります。

それは顔出しをしていないYouTuberなどが今回の収益化解除の対象になりかねない可能性があるという事です。

顔出しをしないYouTuberの場合、大きく分けて3つパターンがあると自分は考えます。

 

1:仮面や被り物を付けて登場するパターン

2:PCの画面をキャプチャー録画しPC画面の説明をするような動画

3:静止画だけで構成された動画

 

細かく言えばもっとあると思いますが、ざっくり分かるとこんな感じだと思います。

1から解説すると、被り物や仮面をつけて顔を隠すといったYouTuberは多く存在します。

代表的な例で言えばラファエルさんがそうですよね。

この1の様な顔出しをしないYouTuberに関しては、今回の収益化解除は当てはまらないと思います。

 

2番目のPC画面をキャプチャー録画しPC画面の説明をするような動画に関してはいろんなケースが考えられます。

実際PC画面を録画して、PCの画面を説明する動画って聞くと、ゲーム実況もそうなのか?ってなりますよね。

ですがこうもお伝えしています。

 

画面にあまり動きがない様な動画が対象だと。

今回のゲーム実況の様な常に動きがあるような動画は対象になりにくいと自分は考えます。

実際にキャプチャー録画したものに解説を付け加えている動画が現在グレーゾーンになっている訳です。

 

実際に講義などでこう言った動画をYouTubeにアップする場合がありますが、この様な健全に動画をアップしているチャンネルも対象になりかねない可能性もあるという事です。

ですが、こう言った動画の場合は、動画内で解説している訳ですから当然音声は完全オリジナルです。

こう言った解説動画はオリジナル性がまだある為、大丈夫ではないかと自分は考えていますが、ソフトークの様にゆっくり実況で音声を作っている動画はかなり厳しくなるのではないかと予測しています。

 

最後に3番目の場合はスクロール動画が当てはまってくるのではないでしょうか?

静止画だけの動画で構成されているYouTubeチャンネルで有名なのは【たっくーTV】が当てはまりますが、あのチャンネルの場合は、音声が完全にオリジナルですよね。

明らかに人がしっかりとしたメッセージ性を持って話しているのが分かります。

 

【たっくーTV】の様に静止画でもオリジナリティがあれば問題ないという事です。

結論から言うとYouTube側は楽して簡単にYouTubeで稼げるといった情報商材を根絶やしにしたいという事です。

YouTube側で誤って健全なチャンネルも収益化解除する可能性はあるでしょうけど、この収益化解除祭りによって、YouTubeの情報商材は壊滅的な状況になる事は間違いないでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

 

最後にまとめ

今回はYouTubeの収益化解除祭りについて解説してみました。

この収益化解除祭りによって、YouTubeの情報商材を買った人は今後稼げなくなってしまいます。

もちろん今のままでしたら当然稼げませんがYouTube側にも、もちろん探せば落とし穴があります。

 

静止画で動きがない動画が収益化の解除の対象なら、普通の動画の上からスクロールを流せば問題ないという事ですよね。

つまり動きがある動画の上からスクロールを流すことにより通常の動画にテロップが入ってるって認識になりますよね。

 

これは実際に試したわけでもありませんし、なんの確証もありませんが、YouTube側が言っている事を掻い潜るとそう言う事になりますよね。

YouTubeの情報商材を売っている輩がこのまま終わるとは思えません。

何かしらの包囲網を抜けて改善策は見つけてくると思っています。

 

今回の様なYouTubeの収益化解除などに対し、対策済みの教材が当然出て来ると思います。

この対策済みの情報商材が出回り始めたら要注意です。

あくまでキャッチコピーの可能性が高いですから、実際にYouTubeの収益化解除祭りに対し対策も施されていない教材を買わされる可能性が高い訳です。

 

そう言った上手い話や、情報商材の勧誘を受けた際は、自分なりに色々と検証をしてみることです。

どう言った内容でYouTubeを収益化させるのか?

チャンネル登録者1,000人と再生時間4000時間はどうやってクリアするのか?

 

そう言ったメカニズムを一つ一つ検証していけば詐欺商材は絶対にどこかでボロが出て来る筈です。

腑に落ちない部分がある場合は、安易に手を出さずに見送るようにした方が賢明です。

自分は現在情報商材の詐欺に遭った方々のインタビューをYouTubeで公開しています。

リアルな内容ですので、情報商材詐欺に遭いたくなかったら見ておいた方がいいと思います。


 

スポンサードリンク

 

 

 

Pocket
LINEで送る