ネットビジネスはもう古い?2019年から始める即金性のある副業とは?

ネットビジネスはもう古い?2019年から始める即金性のある副業とは?

2019年3月6日 オフ 投稿者: naruo
Pocket
LINEで送る

副業YouTuberナル男です。

 

自分は小遣い稼ぎとして副業でネットビジネスをやっていますが、自分がやっているアフィリエイトと言うのは稼げるようになるまでにはやはりそれなりに時間が掛かりました。

実際に稼ぎ始まるとおもしろい様に稼げますが、稼げるようになるまでが実は大変なんです。

 

自分の所に『アフィリエイトを教えてください』と弟子入りを志願してきた人もいましたが結局、記事を書き続ける事が出来ずに挫折しちゃいましたからね。

記事を書いてもお金にならなければ精神的にも追い込まれますし、かたや世間では『即金即日〇万円稼げる!』なんて謳っていれば、そりゃぁ目移りしますよね。

 

確かに即日即金で稼げるビジネスは存在するのでしょうが、大抵こう言った類のビジネスモデルはバイナリーオプションがほとんどです。

自分もバイナリーオプションはやっているので、否定はしませんがやり方を間違えればバイナリーオプションはただのギャンブル投資になります。

って、今回はバイナリーオプションの話じゃないんですよ!

 

ネットビジネスを始めてみたものの、思うように収益化できない人がほとんどだと思います。

ネットビジネスと言えば、アフィリエイト・情報商材・転売・投資などをイメージされる方が多いと思いますが、近年自身のスキルや知識を副業に活かして稼いでいる人が多くなってきました。

今回はそういった今までのネットビジネスの稼ぎ方とは違う、即金性の高い副業に付いてお話していきたいと思います。

是非、最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

これからは特技や趣味がお金になる時代

近年、『ココナラ』『タイムチケット』と言った自分の特技や趣味をお金に変えたり、また自分の空いている時間を売ったりすると言った稼ぎ方が定着してきました。

こう言った新たなプラットフォームが出来ることによって従来のネットビジネスの稼ぎ方とはまた違った稼ぎ方が出来るようになってきました。

 

『ココナラ』『タイムチケット』を利用した副業は、ジャンル的に言ったらコンテンツビジネスの部類になると思います。

自分の出来る事を商品化している訳ですから、『何も特技がなければ出来ないじゃん!』って思う人が多いと思います。

ですが、自分は人と会話が出来るのであればコンテンツビジネスは出来ると思っています。

 

実際にマーケティング的に考えたら、特技がない人がコンテンツビジネスを始めたとしても商品力と言う部分に関してライバルと比較したら弱いと思う部分はあります。

ですが、色々見てみると何も凄い人ばかりが出揃っている訳でもないんですよ。

実際にココナラでは、『アフィリエイトを教えます』と言うコンテンツを500円で販売している人がいました。

 

実際にPDFで教材を作って販売しているようでしたが、PDFの作り方が分からない人はWEB通話方式で直接購入者にレクチャーして販売すると言った方法を取っている人もいました。

コンテンツ制作スキルがなくとも、レクチャーと言う形で販売すれば話すだけですから、コンテンツ制作と言う事をしなくともいいですよね。

 

この様に話すだけでお金になる、いわゆるWEBセミナー的な稼ぎ方をしている人も多くなてきました。

実際にマンツーマン指導でやってもらえるわけですから、購入者からしたらありがたいですよね。

これはネットビジネスに限ったことじゃないですが、実際にお悩み相談などのジャンルでもこう言ったWEB通話型のビジネスモデルが多くなってきているので、それをうまく応用しているのでしょうね。

 

人によっては文章が得意な人、喋るのが得意な人と様々なタイプがいますが、それぞれに合った稼ぎ方が出来るようになったと思います。

今までのネットビジネスの稼ぎ方と言うのは既に出来上がっているビジネスモデルに自分達が乗っかるものでしたが、これからは自分達がやりたいように稼げる時代になってきました。

 

ネットビジネスとは違い収益化も速いですし、即金性だってありますよね。

自分のコンテンツが売れたらそれで収入になる訳ですから、アフィリエイトの様に2ヶ月先に報酬が振り込まれると言うものではありませんし、実際にアフィリエイトは収益が発生するまでの3ヶ月~半年はかかります。

そう言った部分を考えると、作業に対して収益が発生しないと精神的にも挫折しがちになります。

 

多くの人は会社などに雇われている労働者です。

労働者と言うのは作業をしたらその分の労働収入が発生します。

アフィリエイトの様に実際に作業をしても金にならなかったらタダ働きさせられているのと同じ扱いになってしまう訳です。

だから割に合わないと思って辞める人が多い訳なんです。

 

ネットビジネスと言うのは労働収入ではなく、事業収益です。

労働者は自分が働かなくてはお金になりませんが、事業収益は自分が働かなくともお金を稼ぐことができます。

これが労働と事業の違いです。

 

アフィリエイトは最初は大変ですが、記事数も増えてサイト自体に集客力が付けば記事を書かなくてもアクセスを集めることが出来ます。

ですので最初は稼げなくとも後で楽が出来るのはアフィリエイトなんです。

ですが、副業を始めようとする人のほとんどが労働者ですから、こう言った事業家的なマインドは持ち合わせていないんですよね。

 

良くネットビジネスのセミナーでマインド系の話をする講師が多いと思いますが、理由はこう言った背景からなんです。

マインドをしっかりと理解していないとネットビジネスでは稼げるようにはなりませんし、人を育てると言事に関しても上手く人は育たないと思います。

 

 

 

最後にまとめ

今回、自分は『ココナラ』『タイムチケット』と言った即金性のあるビジネスが今後稼げるようになると言いましたが、当然重要があればそこに人が集中しますからライバルだって多くなります。

即金性があり稼ぎやすいですが、これはあくまで労働型の収入です。

アフィリエイトの様に事業型の収益プランであれば、最初は大変でも後々自分は動かなくとも収入は入って来るようになります。

 

もちろん人それぞれ置かれている状況も違いますし持ち合わせているスキル・知識・経験も違います。

仮にアナタがもし2019年の今、副業をするならネットビジネスとコンテンツビジネス、どちらを選びますか?

今回の記事の内容について動画を撮りましたので、是非ご覧になって見てください。

スポンサードリンク

 

 

もう騙されない!本物のネットビジネスはコチラ

ネットビジネスで騙されない為には、とにかく嘘か?本当か?見抜かなくてはなりません。

ネットビジネス業界で本物で実績もあると言ったら、もうこの方しかいないのではないでしょうか?

ネットビジネスの教材売り上げが日本一の和佐大輔氏です。

 

画像引用元:和佐大輔氏 公式HP

車いす状態で若干17歳で億を稼いでしまったネットビジネス界のレジェンドの一人です。

そんな和佐大輔氏が10年前に発売された『ネットビジネス大百科』が今回新たに『ネットビジネス大百科2』として完全リニューアルされました。

『今後10年は使える教科書』という事をテーマにしているので、とにかく巷に出回っている胡散臭いものとはコンテンツの質が違う訳です。

 

しかも今回リニューアルされた『ネットビジネス大百科2』は月額2000円のオンラインコミニティに参加しなくてはなりませんが、最初の3週間は無料です。

3週間以内に退会すれば一切お金はかかりませんから、ネットビジネス大百科2が気になる方は3週間限定で入会されてみてはいかがでしょうか?

 

『楽して簡単に稼げる系の怪しい教材』『実績のある確かな教材』を是非見比べてください。

偽りの胡散臭い情報が蔓延しているネットビジネス界で中々本物の教材に出会う事はないと思います。

確かな教材ほど実は価格は安くなっています。

怪しい教材ほど価格が高いんですよ!実は・・・・・

 

自分もネットビジネス大百科2を手にしていますが、やはり本物の教材ですよ。

そもそもコンテンツの質も内容も、根底的に他の無料オファー案件とは格が違います。

マーケティングや集客を勉強したい人は絶対に入るべきです。

自分ですら目からうろこ状態でしたし、自分のかつてのメンターでさえ今回ネットビジネス大百科2を手にしていましたからね。

 

それ位、内容が濃いものとなっています。

3週間以内で退会すればお金はかかりません。

て言うか、そもそも月額2000円はまず安すぎでしょ!

2000円位なら負担として大きくありませんし、自分は普通に継続していますがね。

 

ネットビジネスを始める方、始めない方に関係なく、全ての方におすすめできる教材となっています。

いつまで無料で公開されるかもわからないので、これを機に受け取る事をお勧めします。

ネットビジネス大百科2の申し込みはコチラから

 

 

ナル男が使っていたネットビジネスの教材を無料でプレゼント

 

『ネットビジネスに興味があるけどお金に余裕がないから月額2000円の負担も大きい!』という人はナル男が過去に使っていた99000円相当の教材を無料で手にされてみてはいかがでしょうか?

でも、『どうして無料で教材をプレゼントなんかするの?』って思いますよね。
詳しくは下記のリンクをご覧ください。↓

無料の教材が欲しい方はコチラから受け取ってください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Pocket
LINEで送る