ジェームス秋山のPROJECT WAVEは詐欺か?本物か?アナタは毎月50万円本当に貰えると思いますか?

ジェームス秋山のPROJECT WAVEは詐欺か?本物か?アナタは毎月50万円本当に貰えると思いますか?

2019年2月26日 オフ 投稿者: naruo
Pocket
LINEで送る

副業YouTuberナル男です。

 

今回はジェームス秋山氏のPROJECT WAVEは詐欺なのか?本物なのか?

スマホで1回ビデオを見るだけで月額50万が本当にもらえるのか?

検証していきます。

是非、最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク

 

 

特定商取引法に関する表示

画像引用元:https://project-wave.com/9999cp/

商品名 :Project WAVE

販売責任者: 株式会社プラン

運営責任者所在地: 東京都品川区西五反田8-2-12 アール五反田7A

電話番号 :03-6629-4730

メールアドレス :project.waveinfo@gmail.com

 

早速特商法の記載から見ていきましょう。

まず代表者名が見当たりません。

販売責任者が誰なのか分からない状況ですと、何かトラブルが起きた際にうやむやにされる可能性が非常に高いです。

 

販売会社である『株式会社プラン』についても知らべてみましたが、全く情報が出てきませんでした。

電話番号に関しても実際に電話をかけてみましたが、出る気配は全くないことからおそらく会社はもの家の空の可能性があります。

実際に住所を検索してみたらレンタルオフィスである事が分かりました。

 

電話にも出ずに事務所はレンタルオフィスという事で、何かあればすぐにトンズラできる状態だという事です。

特商法の記載内容がこの様な胡散臭い場合は過去の事例と比較すると、怪しい臭いがプンプンします。

巷に出回っている詐欺的な案件とよく似たケースの特商法の記載内容ですので、今回のジェームス秋山氏のPROJECT WAVEは注意の必要があると思います。

 

 

 

アナタは動画を見て本当に稼げると思いましたか?

今回のジェームス秋山氏のPROJECT WAVEですが『毎月50万円の権利収入が何もせずに貰える』と言う、いわゆる楽して簡単に稼ぐ系の無料オファー案件となっています。

実際にこの様な無料オファー案件のほとんどが詐欺的な案件ばかりで、2,018年の後半に販売していた無料オファー案件の多くは現在被害報告が来ており、集団訴訟にまで発展している案件だってあります。

今回、『PROJECT WAVの動画を全部見れば9999万円のプレゼントを貰える』と言っていましたが、実際にこのプレゼントが本当にもらえると思っていたら、その人は余程のアンポンタンですよ。

 

実際にプロダクトローンチの広告費は2000万円~4000万円が平均広告費と言われています。

仮に広告費が4000万円かかっていたとしたら、30万円のコンテンツを134人に販売しないと元が取れない訳です。

プロダクトローンチの平均成約率は1.4%と言われています。

最低でも1万人集めないと134人と言うノルマは達成できませんし、それ以上の集客がなければハッキリ言って利益なんか出ませんよ。

 

そう考えると9999万円のプレゼントなんて言うアホ企画が本当に行われるのか?という事は一目両全ですよね。

賢い人はこういったプレゼント企画で煽ってくるような無料オファー案件は危険性が高いという事が分かっていますが、おつむが弱い人はこの様な煽りにまんまと引っかかっちゃうんですよね。

 

『ジェームス秋山』で検索しても出て来るのは今回のProject WAVEのネタばかりで、ジェームス秋山氏に関する情報は何も出てきませんでした。

実際に動画ではこの様な事をジェームス秋山氏は言っていました。

 

・ウェーブは世界30か国で資産化を生み出したビジネスモデル

・仮想通貨よりも爆発力のある権利収入ビジネス

・アメリカ上場企業が関わっているので、うさん臭いビジネスでは無い

 

一見凄そうに見えても、冷静になって考えてみるとハッキリした事が何一つ分かっちゃいない訳です。

ざっくりとした説明だけで詳細内容は明らかにされていませんので、これが今後続くであろう動画の2話、3話と詳細が明らかにされればまだいいですが、動画の話が進んでいっても詳細が不明確なままの場合は危険性が非常に高い案件ですので関わらない様にしてください。

 

 

最後にまとめ

今回のジェームス秋山氏のPROJECT WAVEですが、とにかく楽して簡単にお金を稼ぐ系の無料オファー案件となっています。

過去の類似案件と比較しても非常に詐欺的な案件と同様のケースが考えられます。

自分的には警鐘を鳴らす案件ですので、まずこう言った無料オファー案件はとにかく不明確な部分が多々多い事、またプレゼント企画で煽りまくっている事、これらが世間では詐欺案件と言われている特徴の一つであります。

 

実際に昨年紹介された無料オファー案件のほとんどが詐欺的被害で集団訴訟プラットフォーム『matoma』に被害報告が多数寄せられています。

集団訴訟内容が気になる方はコチラをご確認ください ➡ matoma公式HP

 

自分が過去に検証した案件も多数ありました。

実際に弁護士が訴訟準備に取り掛かっている案件もあります。

もしあなたがネットビジネスで騙された経験があるのであれば、こちらの『matoma』で相談されてみてはいかがでしょうか?

一人で悩んでいるよりも、同じ境遇の仲間に出会えて相談できる方が心のケアになると思います。

 

スポンサードリンク

 

 

もう騙されない!本物のネットビジネスはコチラ

ネットビジネスで騙されない為には、とにかく嘘か?本当か?見抜かなくてはなりません。

ネットビジネス業界で本物で実績もあると言ったら、もうこの方しかいないのではないでしょうか?

ネットビジネスの教材売り上げが日本一の和佐大輔氏です。

 

画像引用元:和佐大輔氏 公式HP

車いす状態で若干17歳で億を稼いでしまったネットビジネス界のレジェンドの一人です。

そんな和佐大輔氏が10年前に発売された『ネットビジネス大百科』が今回新たに『ネットビジネス大百科2』として完全リニューアルされました。

『今後10年は使える教科書』という事をテーマにしているので、とにかく巷に出回っている胡散臭いものとはコンテンツの質が違う訳です。

 

しかも今回リニューアルされた『ネットビジネス大百科2』は月額2000円のオンラインコミニティに参加しなくてはなりませんが、最初の3週間は無料です。

3週間以内に退会すれば一切お金はかかりませんから、ネットビジネス大百科2が気になる方は3週間限定で入会されてみてはいかがでしょうか?

 

『楽して簡単に稼げる系の怪しい教材』『実績のある確かな教材』を是非見比べてください。

偽りの胡散臭い情報が蔓延しているネットビジネス界で中々本物の教材に出会う事はないと思います。

確かな教材ほど実は価格は安くなっています。

怪しい教材ほど価格が高いんですよ!実は・・・・・

 

自分もネットビジネス大百科2を手にしていますが、やはり本物の教材ですよ。

そもそもコンテンツの質も内容も、根底的に他の無料オファー案件とは格が違います。

マーケティングや集客を勉強したい人は絶対に入るべきです。

自分ですら目からうろこ状態でしたし、自分のかつてのメンターでさえ今回ネットビジネス大百科2を手にしていましたからね。

 

それ位、内容が濃いものとなっています。

3週間以内で退会すればお金はかかりません。

て言うか、そもそも月額2000円はまず安すぎでしょ!

2000円位なら負担として大きくありませんし、自分は普通に継続していますがね。

 

ネットビジネスを始める方、始めない方に関係なく、全ての方におすすめできる教材となっています。

いつまで無料で公開されるかもわからないので、これを機に受け取る事をお勧めします。

ネットビジネス大百科2の申し込みはコチラから

 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る